キャッシング枠について注意する事

クレジットカードには買い物の支払いをするショッピングとお金を借りるキャッシングが利用できますが、クレジット会社や利用者によって、上限が決められています。クレジットカードの明細に記載されているショッピング枠とキャッシング枠がそれそれの上限ということになります。通常、ショッピング枠内にキャッシング枠が含まれます。
例えば、ショッピング枠が80万円、キャッシング枠が30万円とします。
Aさんが30万円のキャッシングをすると、キャッシング枠は0円になりますが、ショッピング枠は30万円のキャッシングを引いた、50万円となります。
Bさんがショッピングで70万円で利用するとショッピング枠は10万円となるので、キャッシング枠は10万円になります。
ショッピングの利用額が多ければ、キャッシングをしたいときに利用できないことがあるので注意しなければいけません。
キャシングのメリットはクレジットカードにキャシング機能があれば、申し込み審査がなく、ATMなどから簡単に利用できることです。しかし、簡単にお金が借りれるということは、クレジットカード会社にとっては貸出リスクが高くなるため、金利が高く設定されています。いくら少額のキャッシングでも高金利のため、利払いの負担が大きく、返済が大変です。もし、手軽にお金を借りれるようにしたのであれば、申し込み審査がありますが、銀行のカードローンの方が金利が低く設定されているので、銀行のカードローンを利用した方が利払いの負担が軽減されます。モビットなどの比較も行ってみましょう。